Q&A

旧かなづかいはどのようにしたら調べられますか?

旧かなづかいの間違いが多いこと、例えば(入れてをく⇒入れておく)、(開ひて⇒開いて)、(を手⇒お手)、(かほり⇒かをり)、(ざはめき⇒ざわめき)を指摘した、大野英子選者の3月号の選者小言を引用します。
「怪しいと思ったら、いえ、思わなくても旧仮名は辞書で確認しましょう。電子辞書ならば【 】の調べたい文字の上に読み仮名が記されその横の( )内に旧仮名がカタカナで出ます。広辞苑でも同じようにカタカナで記載されています。」
 
なお、「コスモスの詠草は、新かなづかいでも旧かなづかいでも結構ですが、詠草全体を同じかなづかいで書いて下さい。」とされています。

短歌の引用の表記の方法について

桟橋時代からの慣行で、引用短歌は二字分下げて表記する。短歌が二行になって文章全体が収まらない場合は、一字分下げることも許される。
選者小言のような場合は、〇をつけて引用することもある。
水城の場合は、二字分下げることとしたい。
ページのトップへ戻る